スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --.--.--(--)--:-- | Comment- | Trackback- | 編集 |

キーボード

 勤め先の仕事の関連で,デザインコンペの作品の評価を依頼された。良し悪しや好みを文章で表すのだが,すべてExcelの表に入力するようになっている。
 ぼくはパソコンを触り始めた頃から,何故か文字入力には一家言あって(このことを述べだすと結構なボリュームになるので,後日改めてブログに掲載しようと思っている),キーカスタマイズを随分施している。ホームポジションから手首をまったく移動させずにどのキーも打てるように設定していて,矢印キーの役割やアプリケーションを開くことなども容易に出来る。タッチタイピングもできるので,画面だけを見ながらゆっくり話をする程度のスピードで文章を作ることができる。
 これで何の問題もないと思っていたが,今回のコンペの入力で不都合なことが生じてしまった。
 コンペの資料が揃っているその場に置かれたパソコンに直接入力して欲しいとのことで,それに従ったが,当然そのパソコンはぼく用にキーカスタマイズされたものではない。しかも,長年使っているMacではなくWindowsなので使い勝手の悪さはこの上なく,戸惑うことが何度もあった。
 何しろBackSpaceに"Ctrl+H"すら対応していないのだ。それに,促音の「っ」は,ぼくの設定では"L"キーなのだが,このパソコンでは同じキーを2度押ししなければいけないし,「ん」は"X"キーに設定しているが,やはり2度押しが必要な場合があるなどで,打ち間違いが頻繁に起こって文章そのものにまったく集中することが出来ない。
 頭に思い浮かんだことが指先を通じて文字になるこの過程がスムーズに進行するのか滞るのかの違いは決定的だとつくづく感じた。

| 「亜空間」の現象の周辺の…… | 2012.11.14(Wed)21:49 | Comments0 | Trackbacks1 | 編集 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://anotobira.blog.fc2.com/tb.php/89-8b26e5f2
まとめ【キーボード】  勤め先の仕事の関連で,デザインコンペの作品の評価を依頼された。良し悪しや好みを文章で表すのだが,

2012/11/24(土) 00:21:22 | まっとめBLOG速報

| main |

HOME
プロフィール

秋岡久太(くだ)

Author:秋岡久太(くだ)
亜空間
ホームページ:『亜空間』

「亜空間ー迷路」展覧会

亜空間迷路アート

*

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。