FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --.--.--(--)--:-- | Comment- | Trackback- | 編集 |

飛行機

 こんなに速い飛行機は初めて見た。ジェット機が新幹線の数倍の速度で飛ぶことは知っているし,離陸直前の加速度の体感からその速さを知らないわけではないが,これは速かった。
 その日の朝は薄曇りで,通勤電車の窓のブラインドを開けてぼんやり外を眺めていた。電車は,沿線に2階建ての民家が建ち並んぶところをスピードを上げて通過しようとしていた。そのとき,家々の屋根の少し上方の空に飛行機を発見した。それは電車の進行方向と同じ向きに進んでいて,実際は遠方にあるのだろうが,見た目は建物のすぐ上をかすめるように飛んでいる。ところがそのスピードが尋常ではなく,ウルトラマンか何か別の物が猛烈な速さで飛んでいて,その切り裂かれた空気が見えるようだ。すぐ下の建物も飛ぶようにどんどんこちらは後方へ流されて行く。
 もう気付かれたと思うが,速く動いているように見えたのは窓の外の家々で,飛行機のほうは窓のフレーム内でほとんど動いていない。建物と飛行機の見た目の相対速度が演じた現象だった。
 地上から見上げた飛行機は,月と同じように背景の空に対して大きく位置を変えないので,いつもは,忙しく飛んでいるというより悠然と空を進んでいるという印象を持つが,このような状況が揃うと面白い様相を示してくれる。

| 「亜空間」の現象 | 2012.11.09(Fri)11:52 | Comments0 | Trackbacks0 | 編集 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://anotobira.blog.fc2.com/tb.php/87-5c9435ef

| main |

HOME
プロフィール

秋岡久太(くだ)

Author:秋岡久太(くだ)
亜空間
ホームページ:『亜空間』

亜空間ー亜の立体展

亜空間迷路アート

*

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。