スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --.--.--(--)--:-- | Comment- | Trackback- | 編集 |

迷路との関わり(7)

 建築中のビルで,鉄骨がむき出しの状態のものを見かけることがある。ここでは柱や梁に相当する鉄骨が直角に組み合わされている。当然,用途によって鉄骨の太さや組み合わされ方などは異なっているが,縦・横・高さの3方向を対等と見なして理想化すると,立体迷路のモデルになる。ここで通路として想定しているのは,ビルが出来上がったときの部屋を行き来する空間ではなく,鉄骨を中空のチューブと考えたその内部のことで,部屋は迷路の外部の扱いになる。
 この構造で迷路を作れそうだが,問題なのは,それをディスプレイ上に表したり紙に打ち出したりするための平面に置き換える方法が見つからないことだった。階数も部屋数も少ない建物なら柱などの数も限られるので,通路になる柱や梁が全部見える角度を探し出すことはそれほど難しくはなく,それをそのまま平面に表現すれば迷路ができあがる。
 全部見えるといっても,横向きの通路と縦の通路が前後にあって十字状に重なるような場合は例外で,後ろにある通路の一部分が切断された形になって見えていなくても,そこは繋がっている通路と見なすことに無理はないと思う。ところが,部屋を繋ぐ通路が一本でも完全に隠されてしまっている場合は,必要な条件が欠けることになり,迷路そのものが成立しないことになる。
 建物の縦横に相当する垂直方向と水平方向の通路は,本数が増えても全部見せる方法は何とか考え出すことができたが,それらを繋ぐ奥行きに相当する梁,つまり平面上では斜め方向の通路が前後で重なるのを回避する方法がまったく思い付かなかった。(続く)

| 「亜空間」の現象の周辺 | 2012.06.11(Mon)19:58 | Comments2 | Trackbacks0 | 編集 |

コメント:

ご無沙汰しています。
展示会に行けず、申し訳ありませんでした。
盛況だったことと思います。
くださんと迷路との出会い、楽しいですね。
ところで、あまり関係ないですがおもしろい亜空間ものを見つけたのでご報告します。
http://gaya.jp/face.gif
真ん中の☆をしばらく見続けてみてください。

2012.06.12(Tue) 12:54 | URL | オクヤ|編集

コメントありがとうございました。
ぼくのやる事なす事はどれもパッとしませんが,残念ながら今回の展示会もその例外にはなりませんでした。
顔が不気味に見える作品,おもしろいですね。この現象は『亜空間』の本で「目の隅に映る光景」として紹介しているのですが,説明が下手なのか,まったく関心を持たれていません。その点この作品は,表現の仕方がたいへん上手だと思います。

2012.06.12(Tue) 18:59 | URL | くだ|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://anotobira.blog.fc2.com/tb.php/63-d86cc3cf

| main |

HOME
プロフィール

秋岡久太(くだ)

Author:秋岡久太(くだ)
亜空間
ホームページ:『亜空間』

「亜空間ー迷路」展覧会

亜空間迷路アート

*

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。