FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --.--.--(--)--:-- | Comment- | Trackback- | 編集 |

迷路との関わり(2)

 中学生になると,1年生の5月に転居したために幼なじみが周りにいなくなったこともあって,これまでのような子供らしい遊びはいっさいしなくなった。その分パズルへの関心は高まって,関係する本を手に入れては問題を解くことに夢中だった。デュードニーやサム・ロイドといったパズルの先駆者の存在を知ったのもその頃で,そうした人の有名な問題に接することで知識や技術が随分身に付いたように思う。
 これは高校のときの授業での出来事だが,パズル好きの数学の教師が数学パズルの難問を出し,これが解けたら次のテストでは何も書かなくても100点やると言ったすぐ後に,ぼくが手を挙げて正解を示したので,教師がさっきのは冗談だと言い直したことがあった。教師の出したのはデュードニーの有名な問題だったので,知っている者にとってはどうということはなかった。
 高校と大学では,音楽活動が中心の生活だった。パズルには相変わらず興味があり,パズルの新刊書が出れば無条件に買っていたし,ペントミノを初め色々なパズルを相変わらず楽しんでいた。だが,迷路に関してとなるとこの頃の記憶にそれらしいものはあまりない。(続く)

| 「亜空間」の現象の周辺 | 2012.04.19(Thu)19:41 | Comments0 | Trackbacks0 | 編集 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://anotobira.blog.fc2.com/tb.php/56-14be5c42

| main |

HOME
プロフィール

秋岡久太(くだ)

Author:秋岡久太(くだ)
亜空間
ホームページ:『亜空間』

亜空間ー亜の立体展

亜空間迷路アート

*

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。