FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --.--.--(--)--:-- | Comment- | Trackback- | 編集 |

言葉16

 先月,30年余りの使用に耐えた風呂をようやく買い換えた。
 ラメの入った人工大理石の浴槽を選んだからか,そこに湯が溜まっていく様子を見ていると,初めは無色透明だが,深くなるにつれてごく淡い青色が溶け込んだように青さが増していく。ものすごく透き通った綺麗な「水色」だ。
 だが,この「水色」という言葉には何となく抵抗がある。「空色」なら典型的な空の青さから来る色だと納得できるが,「水色」となると無色透明なものに空などの色が反射した状態ではないかと疑問に思う。
 柿色,黄土色,灰色など日本語には,ものの名を付けた色が数多く存在する。ある意味で分かりやすいが,イメージが異なるとけっこう違和感が生じる。

| 「亜空間」の現象の周辺 | 2013.05.13(Mon)15:39 | Comments0 | Trackbacks0 | 編集 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://anotobira.blog.fc2.com/tb.php/109-db2e2fad

| main |

HOME
プロフィール

秋岡久太(くだ)

Author:秋岡久太(くだ)
亜空間
ホームページ:『亜空間』

亜空間ー亜の立体展

亜空間迷路アート

*

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。