スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --.--.--(--)--:-- | Comment- | Trackback- | 編集 |

亜夢31

 外出時には必ずiPhoneを腰にぶら下げるようになってから,このところ腕時計を全く付けなくなってしまった。だが,その腕時計も寝るときは枕元に置いて,いつも時刻の確認用として使っていた。その電池が1月ほど前に切れた。電池の交換だけで千円以上も取られるようなので,百円ショップでデジタル表示の時計を買った。
 朝,外がまだ薄暗いときに目が覚めた。枕元のデジタル時計を手にとって時刻を確認したが,その後すぐに時計を持ったまま眠ってしまった。
 本格的に目覚めると,手は時計を握る形のままだが,時計は枕元で寝る前に置いた状態で液晶がこちらをにらんでいた。
 時刻を確認したあたりから夢だったように思うが,よく分からない。
スポンサーサイト

| 「亜空間」の現象の周辺 | 2013.05.29(Wed)15:27 | Comments0 | Trackbacks0 | 編集 |

| main | next »

HOME
プロフィール

秋岡久太(くだ)

Author:秋岡久太(くだ)
亜空間
ホームページ:『亜空間』

「亜空間ー迷路」展覧会

亜空間迷路アート

*

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。